パン作り初心者さんに必要な道具5選

パン作りを始めたいけど、まず必要な道具ってなんだろう?

そんな悩みをかかえたパン作り初心者さんへ。

パン作りに必要な道具のご紹介です。

この記事でわかること
  • 絶対必要な道具5選
  • どこで買うのがお得?
  • おすすめレシピのご紹介

 

「パン作りって必要な道具が多そう、、」

こんなイメージありませんか?

こなちゃん

うちにあるもの、100均で買えるものが多いので心配いりません♪

目次

パン作り初心者さんに必要な道具5選

はかり(キッチンスケール)

¥2,318 (2024/02/26 13:56時点 | Amazon調べ)

パン作りに、はかりは絶対に必要です。

今から購入予定の人は、0.1gまで測定できるはかりをおすすめします。

0.1gまではかれるはかりがおすすめな理由
  • 1gや、それ以下の計量が必要なレシピがある
  • 1g単位のはかりだと、1.0gも1.9gも「1g」と表示される

 

イーストの量は発酵時間につながります。

長時間冷蔵発酵レシピでイーストが1gちがえば発酵具合が大きくかわります。

こなちゃん

「そんなむずかしそうなパン作りをする予定はない」と思っていても、パン作りにハマってしまうかも~~。

 

くりかえしますが、これから購入する人は 0.1g単位まではかれるはかりを買っておきましょう。

最大1~2kgまではかれれば十分です。

ネット購入がおすすめです。

 

スケッパー

ドレッジ、カードなど呼び方はいろいろあります。

スケッパーもパン作りに欠かせない道具です。

スケッパーがおすすめな理由
  • 材料をまぜる
  • 手ごね中、生地をあつめる
  • 生地をカットする
  • 生地を移動する

 

とくに手ごねの場合、こねはじめのベタベタした生地を集めたり、手についた生地をはがしたり、スケッパーがないととてもこねられません。

スケッパーは百均でも買えるよ

ラップ

ボウルにいれて生地を発酵するとき、乾燥しないようラップが必要です。

 

こなちゃん

クレラップは刃がプラだから愛用中。刃が金属だとあらゴミになるからイヤなの!

クッキングシート

オーブンで焼くときにパンの下に必要です。

ひんぱんにパンを焼く人には、くり返し使えるオーブンシートが経済的でおすすめです♪

こなちゃん

このシートの上でパンをカットすると、シートも簡単に切れるので注意してね

経験ズミだな、、

 

使いすてでよければスーパーや100均で購入できます。 

オーブン

パン作りにおすすめなオーブンの条件
  • オーブン温度が230℃ぐらい出ればOK
  • できれば発酵機能つき(知らないだけでほとんどの機種にあります)
  • できれば2段焼き
  • できればスチーム機能

オーブンがあればいろんなパンを焼けますが、フライパンでもトースターでも工夫しだいで焼くことは可能です。

まとめ:まずは最低限の道具で始めてみよう

いかがでしたか?パン作り初心者さんにまず必要な道具を5つご紹介しました。

いろいろなパンを焼くにはいろいろな道具が必要ですが、まずはこの5つを用意して、かんたんなパンを作ってみましょう。

パン作りに絶対必要な道具5選
  1. はかり(0.1g単位)
  2. スケッパー
  3. ラップ
  4. クッキングシート
  5. オーブン

おすすめ記事のご紹介

パン作りが初めての人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

いろいろなパンを作りたい人はこちらを読んでみるといいかも

 

こなちゃん

初心者さんには40分以下でできるパンがおすすめです

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次